日誌

北東北山スキー
2017/05/06

【山スキー】 八甲田山スキー

Tweet ThisSend to Facebook | by araiguma
八甲田山スキー

山域山名:八甲田山(青森県)
期日:2017年5月3日(水)-6日(土)
参加者:木村、駒崎、新井浩

アルバム

行動記録:
5月3日(水)行田(5:30)=温湯温泉(19:50)=道の駅虹の湖(21:10)
<天候:晴れ>
 今日は移動日。案の定東北道は断続的な渋滞でなかなか進まない。13時過ぎに遅い昼食を長者原SAにて牛タン弁当に有りつく。18時に青森県の黒石ICを降りて、黒石市内で買い出し。その後温湯温泉に立ち寄り、道の駅虹の湖に21時過ぎ到着。走行距離約700km。

5月4日(木)道の駅(6:50)=酸ヶ湯(7:20/7:50)→大岳環状ルート(地獄湯の沢)→仙人岱→大岳1585m(10:45/11:30)→小岳1478m(12:50)→高田大岳1552m(14:30)→谷地温泉(15:55/16:20)=酸ヶ湯(16:40)=みちのく深沢温泉(17:00)
<天候:快晴>
朝起きるといい天気だ。道の駅虹の湖の中を散策。ここは、大きな公園が併設されていて、こいのぼりと満開の桜がちょっとミスマッチな感じだった。朝食後、酸ヶ湯へ向う。途中前方には八甲田山、後方には岩木山が見え、気分が盛り上がります。酸ヶ湯は車が一杯で、手前の路肩に駐車。少し先の駐車場は開いていましたが。硫黄のいい匂いが立ちこめている。板にシールを付け、担いで少し先まで歩き、地獄湯の沢を登り始めます。振子沢状の沢を登りつめると雪が切れていて、板を担ぐ。天気がいいので、予定を変更して大岳に登り、その後に高田大岳をめざすことにした。大岳山頂付近はまったく雪が無いので、板をデポして山頂へ歩いて登る。大勢の人が休んでいました。下北半島、陸奥湾等360度の絶景。残念ながら北海道は見えず。たっぷり絶景を楽しみ、やっと滑る時が来ました。だが、大岳の下りはちょこっとだけ。小岳に登り返し、高田大岳の鞍部までもちょっとだけ。ちょっと欲求不満気味。高田大岳への登りを我慢で登りきる。最後は板を担ぎ、やっと山頂。ここも絶景です。ここが本日のメイン斜面。山頂部からは下が見えず、どこまで滑るのだろうと思ったら、すごい大斜面。笑いが止まらないとはこのことか。楽しいのなんのって、今までのうっぷんが一気に晴れました。上部は無木立の大斜面、下部はブナ林の快適なツリーラン。楽しい時間はあっという間。谷地温泉が見えてきて、ジエンド。
  
にぎわう谷地温泉にて、酸ヶ湯までタクシーで帰ろうとしたが、バスがあると親切な方が教えて頂き、バス停まで移動し、バス待ち。バスは時刻になっても来ない。先ほどの親切な方が来て、我々を乗せて行ってくれると言う。お言葉に甘えて酸ヶ湯まで乗せてもらった。その車の中にカメラを忘れてしまい、翌日届けてもらうことになった。宿の話をしていたので、宿まで連絡を頂いたのであった。東北の人はどこまでやさしいのであろうか。
今宵の宿、みちのく深沢温泉の一軒宿。見た目は玄人好みのあやしげな温泉宿である。親しげなおかみさんに案内されて部屋へ。まあ普通の宿であった。さっそく温泉に浸かる。かけ流しの内風呂と露天風呂。うわさには(すごいマニアックと)聞いていたが、そんなことはなく、ひなびた温泉宿であった。夕食も丁寧に作られた、海の幸山の幸が盛沢山で満足でした。

5月5日(金)深沢温泉(7:45)=R/W駅(8:00/8:55)→田茂萢岳(9:25)→1521m峰斜面→赤倉山1548m(12:30/13:00)→箒場岱(14:30/15:40)=深沢温泉(16:00)
<天候:晴れ>
朝は温泉に入ることから始まった。朝風呂は何とも気持ちがいい。朝食もシンプルではあるが満足。隣のグループは常連らしく、おにぎりを作っていたので、真似をして大きなおにぎりを作り、本日の昼食用とする。のどかな温泉宿ならではです。
昨日忘れたカメラをロープウエイ駅にて受け取る約束になっており、時間前に来られてカメラを受け取り、重なる親切に丁寧にお礼を言う(後日お礼の品を送りました)。ロープウエイは思いのほか混んでおらず、予定時間通りに2本目に乗れました。
田茂萢岳の山頂まで板を担ぎ、毛無岱に向い一本滑る。この斜面も素晴らしい。そこから1521m峰から伸びる西尾根をシール登行。山頂付近は雪が切れて見え、その手前まで登って一本滑ることにする。少し片斜面だが、ノートラックの斜面を気持ちよく滑る。登り返して1521m峰から赤倉山までは板を担ぐ。赤倉山の山頂で昼休憩。宿で作ったおにぎりを頂く。天気がよく気持ちがいい。目の前には昨日滑った高田大岳などが見える。展望を楽しんだ後ドロップポイントまで担いで移動。いよいよメインイベント。下を覗くと延々と延びるルートが見える。今日は箒場岱コースと呼ばれるルートを取る。どこまで滑っても広大な斜面。適度なザラメ雪。笑いが止まらない。後半は斜度は緩くなるが、林間を楽しく滑る。最後の方はブナ林を気持ちよく滑り、あっという間に目指すドライブイン。ここからバスで(一名が)車を回収し、宿まで戻った。
  
宿の周りにはミズバショウがあちこちに見えたので、少し散歩。明日朝に宿で長靴を借りて散策することにして、温泉、夕飯、温泉となりました。

5月6日(土)深沢温泉(8:50)=行田(20:00)
<天候:曇り/雨>
朝5時過ぎから宿の周りの森の中を散策。この辺りは湿地になっており、あちこちにミズバショウが咲いている。キクザキイチゲの青い花もあちこちに。1時間ほど散策し、フキノトウも収穫して宿に戻り、温泉、朝食となりました。
  
温泉とおかみさんがとっても良かった温泉宿を後にして、帰路に着きました。
(新井浩記)
23:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/01/26

【山スキー・雪山】八甲田

Tweet ThisSend to Facebook | by admin

八甲田スキー&スノーハイク

アルバム

期日:2017年1月22日(日)?25日(水)
参加者:CL石川、SL大嶋、豊島、逸見(ハイキング)、高橋武(ハイキング)
行動記録:1/22(日)大宮8:02はやぶさ3号=新青森11:00/11:11=青森11:17//14:00送迎バス=酸ヶ湯温泉14:30

 熊谷駅の新幹線乗り場7:20集合。大宮までMaxたにがわ300号に乗り、後は予定通り午後2時半頃には酸ヶ湯温泉に到着。途中新青森駅から青森駅まで、つがる1号で6分間の移動。「ねぶたミュージアム」でねぶたの実物を見学し、市場の中の居酒屋「リンゴ箱」で津軽三味線を聴きながら美味しいお酒と共に昼食。早めに着いた宿でまったりと贅沢な初日を過ごす。

 1/23(月)酸ヶ湯温泉発8:20のバスで石川さん先発。ロープウエーを使い3本滑る。11:40遅れて到着した大嶋さんと合流し、温泉発12:30のバスで4人出発。12:50ロープウエー乗り場前で全員合流。

  
 山頂駅の食堂で休憩後ワカン組と一緒にアンテナまで歩く。天気予報の「今日の午後だけ晴れ」の通り樹氷の間から青森市が良く見える。ワカン組はその先の山頂から陸奥湾まで見渡せた。スキー組はアンテナから引き換えし、まずはロープウエーの南側を並行して滑るダイレクトコースースを1本。山頂駅に居た人達はみなツアー客だったのか、コースは我々3人だけ、遅れる私を何度か待ってもらいながらも樹氷と明るい新雪の斜面を楽しんだ。2本目は田茂萢沢の北側を巻くフォレストコース。樹林の深雪を滑る。後半は斜度が緩くなるが、板は良く走り気持ちが良い。ゴールドラインに出たところで谷を渡りスキーを脱いで段差を登りきると、後は平坦な一滑りでロープウエー駅。15:30ワカン組と合流し、4時のバスで宿に帰る。



 1/24(火)温泉発9:00=ロープウエー駅9:15 ? 山頂駅出発10:11→1200m10:16→田茂萢沢とモッコ沢出合10:50/1056→ロープウエー山麓駅11:20 / / 山頂駅出発13:19→山頂1326m13:30→1220m付近13:45/14:02→前嶽1180m付近14:43/15:00→940m15:25→銅像茶屋前15:54/16:00=酸ヶ湯温泉16:30

 昨夕申し込んでおいたスキーツアーに参加するため温泉発の専用バスで出発。ロープウエー山頂駅に集合しガイドから点呼を受ける。名前を呼ばれ、速いチームかゆっくりチームか答えてゆく。私が居るので我々は3人一緒に「ゆっくり」。一人ひとりビーコンチェックをして出発。

 天候は雪なので、午前中はフォレストコースを滑るとのこと。山頂駅から急斜面を北に向かって滑る。1200m辺りでコースを外れ、モッコ沢と田茂萢沢の間に滑り込み、沢の合流地点で休憩。沢の右側斜面をトラバースし800m辺りでフォレストコースと合流。後は樹林の緩いコース、ゴールドラインに出たところで谷を渡りスキーのまま段差を登りきるとすぐに山麓駅。11:20全員到着し、午前の行動終了。山麓駅脇の食堂でゆっくり昼休みを取り、午後もまた山頂駅集合。速いチームを送り出し、もう一度ビーコンチェックをして出発。

 雪は止み、銅像コースに向かう。山頂までスキーを担いで移動。晴れ間がのぞき樹氷が広がる。樹氷原を東に進み急斜面を北側に回り込んで1180m辺りでシールを付ける。シール組が前でスノーシュー組が後ろのオーダーで出発。前嶽に向かってトラバース気味に進む。雪がだいぶ降ってくる。前嶽の登り手前で遅れたスノーシュー組を5分ほど待ち、頂上直下東側1180m付近の急斜面でシールを外す。トラバースで少し進み、ガクッと落ちる切れ込みを思い切りよく超え急斜面を一気に滑る。樹林の中の急斜面で疲労の為か遅れる人が出てくる。20人以上の参加者でガイド2人、なかなか素早くは行動できない。行動終了3時半の予定が、940m地点で既に15:25。疲労困憊の一人をガイドが冷静に励まし、参加者も静かに見守り緩くなってくる後半の樹林を全員無事に滑り終える。15:54銅像茶屋前に到着。待っていたトラックにスキーを乗せ、バスに乗り込みほっと一息。ヘルメットとゴーグルを外したメンバーを見てびっくり。私たちが一番若いのか?隣に座った紳士は80代?何ともすごい人達だ。

 4時半温泉到着。ワカン組は地獄沼を目指したが雪の壁に阻まれ帰ってきたそうだ。後は温泉と美味しいお酒で、最後の夜をゆっくり楽しむ。


 1/25(水)酸ヶ湯温泉8:50=青森駅 タクシー=新青森10:10/10:39はやぶさ16号=仙台12:29/東北本線12:45=松島13:09/ /松島海岸駅 仙石線15:45=仙台16:22 / /17:21はやぶさ106号=大宮18:30

 新幹線を仙台で降り、東北本線に乗り換え松島へ。風は冷たいが青空で散策日和。駅から20分ほど歩き「松島さかな市場」のかき小屋で、焼きガキと手持ちのお酒で昼食。市場でお土産を買い、海岸散策に。赤い橋を渡って福浦島へ。坂上田村麻呂縁の五大堂。残念ながら瑞巌寺は参拝できなかったが松島海岸駅まで散策を楽しんだ。通りすがりの我々観光客には震災の痕跡ははっきりしないが、また焼きガキを食べて、今度は瑞巌寺を参拝しよう。
(豊島 記)






+






17:56 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

会員のブログ


hasi