2018/05/05 大菩薩嶺から富士
 

日誌

群馬栃木・浅間山スキー
2018/05/07

【山スキー】至仏山

Tweet ThisSend to Facebook | by admin

至仏山山スキー

山域山名;尾瀬至仏山
期日:2018年5月6日(日)
参加者:石川 橋本 大嶋 豊島 計4名

アルバム

行動記録:川本道の駅(6:00) = 戸倉駐車場(7:45) = 鳩待峠(8:30) →至仏山頂上(12:40/13:20) → ワル沢源頭 → おやま沢田代下1800m → 鳩待峠(14:50/15:20)
→戸倉駐車場(16:00) →川本道の駅(19:00)
<天候;晴れ>

 日曜日であるが大型連休の最後の日のためか、関越道も120号も順調に走り、戸倉駐車場に2時間かからずに着いた。駐車場は2割位しか埋まっていなかった。鳩待峠には予定より少し早く着いた。予想通り雪が少ないので、はじめ20分位スキーを担いで登り、その後シールをつけて登る。2回位休憩して11時には小至仏手前に着いた。そこから小至仏の右を大きく巻いて登り、頂上手前のピーク下に出た。岩場になったのでスキーをザックに着けて登る。スキー靴なので苦労し、12時40分に頂上に着いた。頂上は登山者でにぎやかであった。ここで昼食とし、13時20分にシールをはずし、スキーを着けて滑降を開始した。頂上直下より標高差で300m位を快適に滑る。標高1900m位から長いトラバースとなる。標高1800m位で登山道に合流し、14時50分に鳩待峠に着いた。その後バスで戸倉駐車場に戻り、川本道の駅に19時に帰着した。雪が少なく残念であったが楽しい納めの山スキーでした。
(大嶋記)

11:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/02/25

【講習/トレーニング】湯の丸山・烏帽子岳山スキー訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by araiguma
湯の丸山・烏帽子岳山スキー訓練

アルバム
山域山名:湯の丸山・烏帽子岳(長野県)

期日:2018225()
参加者:CL木村 SL新井浩 橋本 石川 駒崎 林

行動記録:湯の丸スキー場8:30=スキー場トップ9:15→湯の丸山10:20→烏帽子岳12:35→小烏帽子岳13:00/13:25→コル(訓練)14:30/15:40→スキー場16:40



<曇り/晴れ> 湯の丸駐車場は朝8時半でマイナス8度。寒いと思われたが、雲はしだいに無くなり、晴れて風も弱く、たっぷり訓練しました。

 リフトを利用してゲレンデ上にあがり、シールで湯の丸へ登る。笹が出ていて、雪は少なめ。固い面だが、吹き溜まりのところは柔らかい。森林限界あたりでスキーアイゼンをつけ、頂上付近は岩が出てきたが、シールで山頂を踏む。

 集合写真を撮った後、烏帽子岳へ夏道沿いに鞍部まで下る。雪質悪く制限された幅で斜滑降、横滑り、シュテルムターン、キックターンを駆使しておりる。山に入ったらこんな場面に遭うということで訓練の滑りです。鞍部まで滑り、シール、スキーアイゼンをつけ小烏帽子岳に上がる。森林限界上で、視界は開けて展望が良い。少し下り烏帽子岳に登り返す。ここでも集合写真を撮り、板を担いだりして、シールを着けたまま小烏帽子岳まで行き、お昼にする。

 ここから北東に向かい、通ってきた鞍部を目指して滑る。気持ち良い滑りとは言えず、どうにか訓練場所までたどり着く。鞍部手前の夏道尾根で元Aチームと別れて訓練をする。我々はいつも装備しているものを使ってということで、シュリンゲ、カラビナ、補助ロープのみで、簡易ハーネスをつ着け、懸垂下降と確保の練習をした。帰りはシールをつけてトラバースしてスキー場トップに戻り滑って下りた。
 (駒崎記)


22:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/02/22

【山滑降】尼ヶ禿山

Tweet ThisSend to Facebook | by admin

尼ヶ禿山スノーハイク

   
山域山名:たんばら高原から尼ヶ禿山  
日時:2018年2月18日(日)
参加者:CL石川 木村 林 大嶋 豊島(以上 スキー、ボード組)  SL高橋仁 須藤 斉藤 横尾 赤坂(以上 坪足組)
【スキー&ボード組】
行動記録: 熊谷駅南口6:30==沼田IC==玉原スキーパークP(1245m)10:08→センターハウス10:56/11:03→ぶなの湧き水11:13→東京大学セミナーハウス11:46/11:54→尼ヶ禿山13:03/13:29→東京大学セミナーハウス14:05→玉原スキー場P15:20==熊谷18:55

 関越道の事故やら、チェーン規制やらでだいぶ時間がかかってしまった。スキー&ボード組5人とワカン&スノーシュー組5人でスキー場の駐車場から出発する。昨夜来の降雪で、駐車場も除雪中で、駐車場脇の雪の壁を乗り越えてコースに入るのだけれど、除雪車の吹き飛ばす雪に追いかけられるようにしてスタートした。

 新雪が30cmぐらい積もったか。ストックを突き刺すと、70?80cmぐらいまで抵抗なく入っていく。膝近くまでのラッセルで、ワカン組の人は少し大変そうでした。

 真っ平らな中央広場を突っ切り、ここで、ワカン組と別れ、先行することになる。雪に埋もれたセンターハウスを過ぎ、まだまだ平らなルートを進む。玉原湖岸から離れ、少し高台になったところにこれも雪に埋まった東大のセミナーハウスがある。前来たときより雪の量が多い気がする。天候のせいか、ハイカーはおらず、ここまでも、これからもほとんどトレースがない。

 緩やかな尾根に取り付き、ラッセルを交代しながら進む。送電鉄塔を過ぎ左にルートを採ると徐々に傾斜がきつくなって、一登りすると雪に覆われた山頂に着く。片側は切れ落ち大きな雪庇となっていて、近づくのは危険だ。



 雪は続き、風も吹いているので、そそくさと食事をして滑降準備をする。まずまずの新雪だが、全般的に斜度が足りず、斜面がうねっていてあまりおもしろみのあるコースとは言えない。セミナーハウスの下まで滑り降り、後はほとんど平らなルートをシールをつけて駐車場まで戻った。


16:29 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/01/28

【山スキー】角間山

Tweet ThisSend to Facebook | by araiguma

山域山名 角間山(群馬県)
期日:2018128(
)
参加者:新井浩、駒崎、会員外T君

行動記録:深谷5:30=地蔵峠先駐車帯8:15/8:45→角間山肩11:20/11:55→南西尾根→P12:35
<天候 曇り>

ここ数年毎年角間山にて滑っており、気温も低いので、北斜面、南斜面を期待して出かけました。また、将来会員に引きずり込もうと今回は会員外のボーダーのT君を連れだした。

地蔵峠先の駐車地点から鹿沢温泉方面に少し行った先の林道から山に入る。林道は例年通りくらいの積雪であり、慣れた斜面の南西尾根に取り付く。登り始めると思いのほか積雪が少ない。笹が出ており、スノーシューのT君がもたついている。やはり機動力はスキーのほうがはるかに優れていると実感。
  
やっとの思いで角間山の肩に到着。風も強くなり、これから北斜面を滑って登り返しを考えると時間が足りないので、このまま南西斜面を下ることにする。滑り始めると、思ったよりも表面がクラストしており、滑りにくい。林の中では、うまく曲がらないため、気を付けながらの滑り。
  
下部のカラマツ林は斜面が緩く、ボーダーのT君は滑らず苦戦。スキーとボーダーの共存は難しい。雪が少なく、クラストしていたために満足のいく滑りが出来ず。こんな時もあるさと帰りに温泉とうまいものを食べ帰路へ。

(新井浩


23:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)