日誌

上越国境・越後
2016/04/16

【山スキー】苗場山東面(サゴイ沢&熊沢滑降)

Tweet ThisSend to Facebook | by admin

苗場山東面(サゴイ沢&熊沢滑降)


ブログ


山域山名:越後・苗場山(新潟県)
期  日:2016年4月16日(土)
参 加 者:宮田(単独)
行動記録:秋山郷小赤沢林道除雪最終地点1240m(5:30)→3合目1310m(5:55/6:05)→4合目1470m(6:40/6:45)?壁下1800m(7:55/8:10)→山頂湿原2020m(8:40/8:55)→湿原東端2068m標高点(9:45/10:05)?サゴイ沢滑降1800m(10:10/10:20)→2068m標高点(11:05/11:20)?熊沢滑降1750m(11:30/11:55)→2068m標高点(12:50/13:00)→苗場山2145m(13:45/14:20)?4合目1470m(14:50)?3合目1310m(15:05/15:20)→小赤沢林道除雪最終地点(15:40)
<天候:晴れ後時々曇り>
 残雪期の苗場山に登るのは2回目。今回の目的は、平標山からいつも眺めていた山頂湿原からガクンと落ちる東面の滑降がメイン。少雪の今年は、風下側に大きく成長する雪庇が例年より小さいに違いないと目論んでいた。仕事を終えてから支度を整えて出発し、関越道塩沢石打SAで仮眠。暗闇の秋山郷への狭い山道を走り、車が入れるたのは3合目駐車場手前の林道三叉路までだった。
 朝陽に染まる鳥甲山を眺めながら林道を歩き始める。3合目まで林道の除雪は完了していたが、雪崩と土砂崩れが道を塞いでいた。積雪期の沢ルートはすでに雪が消えていたので夏道の小尾根を登る。4合目から雪がつながったのでシール登行、しばらくは複雑な迷路地形が続く。春の苗場山登山の核心部は北面の雪壁だ。今朝は寒気でガチガチになり、前日に降った雪が木々について霧氷となり、雪面に落ちたらすぐに凍った斜面をザーザーと流れていく。クトーからアイゼンに履き替え、一番急な箇所はダブルアックスで突破して山頂湿原へ飛び出す。急斜面から突然現れるたおやかな平原、いつ来ても素晴らしいです。大雪原の奥に白く高いのは志賀の最高峰岩菅山だ。





今日もメインは反対側の東面滑降、山頂には向かわずに湿原を横断する。雪庇の切れ間から熊沢を見下ろすと、かなりの急斜面ではあるが滑れなくもなさそうか?でも、小尾根の向こう側がまったく見えず、その先が崖になっていたらアウトなので保留だ(あとでこの斜面を遠くから見たら斜度は軽く50度はあった)。2068mピークを越えて南進すると、さっきよりは斜度も緩く、無木立の熊沢源頭斜面が大きく拡がっている。こちらは問題なくエントリーOK。

さらに南進して支尾根上から見下ろすサゴイ沢は、樹林帯主体のメローな斜面だった。では、今日は東面ダブル滑降に決定だ。まずはこのメローな斜面を1本いただきます。佐武流山、ナラズ山、赤倉山、白砂山と越後の秘境名山を正面に、何と贅沢な滑降だろう。南向き斜面はちょうど雪が緩んで快適なターンを刻んだ。斜度が緩んだ沢底から2068mピークに向かって登り返す。





チェックしておいたエントリーポイントから熊沢斜面にGo!真っ新な面ツル斜面を全快でカッ飛ぶ。どこまでも滑りたいという欲求と闘いながら…、熊沢本流に向けてガクンと落ちるところで滑降終了とする。この本流を下ると、去年の晩秋にたっぷり浸かった赤湯がある。見上げる苗場山東面はずらっと雪庇が張り出して屏風絵のようだ。






昼食を食べて、シールで支尾根に向かって登り返す。バックには上越国境稜線の朝日岳から巻機山、越後三山、正面には苗場山東面に付けた自分のラインを見て、最高だ?と独り言。







2068mピークに登ったら、湿原東縁に沿って東面斜面をじっくりと偵察する。北端まで来たらゲレンデスキーで賑わう神楽峰が大きく横たわる。

 最後に苗場山の頂きを踏んだが、人の足跡はなかったので、今日は苗場山を貸切だったようだ。直下の山頂ヒュッテの前に小さなお地蔵様が湿原を守るように置かれていた。手を合わせあとは湿原を直滑降、北面の壁は雪も緩んで快適なターンを刻む。迷路な林間を縫って、4合目下で1箇所スキーを脱いだが尾根上からスキーヤーズライトの斜面の雪をつないで3合目まで滑り込めた。あとは鳥甲山を眺めながら林道をのんびりと歩いた。







 宿願の苗場山東面滑降が達成できて、素晴らしい一日となった。未知の斜面を覗くと、また新たなルートが浮かぶ。山スキーの拡がりは永遠だ。

 



23:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/04/09

【山スキー】浅草岳

Tweet ThisSend to Facebook | by admin

浅草岳



山域山名:新潟 浅草岳

日時:2016年4月9日(土)
参加者:L宮田 石川
行動記録: 花園IC 5:00→小出IC→登山口(ホテル大自然館)7:55・・・11:04嘉平与ポッチ・・・11:26前岳・・・浅草岳11:39/12:22・・・12:32前岳・・・14:54登山口

アルバム

 春の定番、浅草岳へ行ってきました。登山口は国道385号線の除雪終了地点、ホテル大自然館前です。小雪のせいで道路も周辺もすっかり雪は消えていました。すでにゲートから手前に10数台の車が駐まっています。早速準備をして出発。林道入口まで国道を5,6分歩き、白崩沢沿いの林道に入り、スキーを着けます。

 しばらく林道沿いに、杉の樹林帯の中を進み、標高680mで林道も行き止まりとなります。トレースに沿って谷筋を進んでいき、尾根を右に回り込むルートを取って920mの尾根に出て1回目の休憩。ここまでスタートから1時間15分です。眺めも良くなってきて、前方には浅草岳の嘉平与ポッチが聳え、ふり返れば守門岳の堂々とした山容が望めます。

 再び歩き出し、左手は雪庇で大きく割れ目が出来た所もあるので注意して進みます。さらに低木の藪の濃い地帯を通り過ぎて1246を少しの過ぎたところで2回目の休憩。尾根状なのでずっと眺めがいいままです。幾つかのパーティと前後しながら、雪が消えた嘉平与ポッチでは、板を担いで夏道を通りました。再びスキーを着け前岳の稜線に出ると、眼下に奥只見湖、田子倉湖や只見の町、福島、群馬、新潟の山並みがひろがっています。宮田氏によれば、コース中最高のビューポイントらしいです。

 ここから、浅草岳山頂へは水平距離500mほど。山頂はブッシュが出ているので、雪の付いている右側に回り込んで山頂に到着。のんびり昼食を摂ります。

 帰りは、前岳までそのまま戻り、1500m地点からムジナ沢源頭部へ滑り込みます。春らしいザラメ状の雪面ですが、下部にはすでに降雨による立て溝が出来ていて、少し滑りづらいです。標高差300mほど下りて後、100mほど往路の稜線まで上り返します。

 藪地帯を突破し、スキー板にまとわりつく様なストップスノーの上を、往路に沿って尾根から樋状の沢へたどり、最期は林道を滑って国道に出ました。

 一月ぶりのスキーで体力的にはきつかったけれど、天候に恵まれ春スキーを満喫できました。来年もまた来てみたいと思います。



23:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/03/27

【山スキー】守門岳

Tweet ThisSend to Facebook | by admin

守門岳



山域山名:中越 守門

期日:2016年327日(日)

参加者:L宮田 橋本健

アルバム

行動記録:7:30二分-11:00大岳南の鞍部-12:00/12:30山頂-13:30青雲岳-16:00二分


 
天候が良さそうな日曜日、小雪の今年でも雪がたっぷりありそうな守門に向かう。ノーマルルートでは人が多いだろうと、以前登った時に「ぜひ下りたい」と思ったオカバミ沢南尾根を下降することにしたかったが、今年はオカバミ沢の渡渉が不安だったので見送ることとし、コウクルミ沢南尾根を登下降する予定とした。

 7:30二分発。車がすでに20台近く止まっている。大盛況のようだ。駐車スペース先でスキーが履ける。小雪とはいえさすが守門だ。林道をコウクルミ沢まで向かう。大平への登山道方面を見ると登山ルートの法面がかなり土が見えている。賞味期限は近そうだ。

 消えつつあるブリッジでコウクルミ沢をわたって南尾根に取り付く。斜度はあるが登りやすい斜面が続く。



 昨日のシュプールが少しあるが、今日登った人はいないようだ。コウクルミ沢の滝を左に見るようになると、大雪原の登りとなり、中越の山々、守門岳などの大展望が開ける。標高1250mで大岳南鞍部に向けてトラバースし、11:00鞍部に到着。大岳方面には巨大な雪庇が発達しているが、いつもより小さいか。雪庇に注意しつつ稜線を進む。右前方には長大なオカバミ沢南尾根が横たわっている。青雲岳でオカバミ沢南尾根を登ってきたスキーヤーと会い、話を聞くと「登るには問題なかったですよ」とのこと。なんとか行けそうだと判断し、予定を変更しオカバミ沢南尾根を下ることにする。
 12:00山頂到着。



浅草岳や南会津の山々など360度の大展望を楽しむ。

 12:30本日1本目。本高地沢の源頭を頂く。やや重いがこの時期にしては上々のパウダーだ。標高差200m下って登り返し。沢の中は無風で暑いくらいだ。


 12:30本日2本目。青雲岳よりオカバミ沢源頭を頂く。ここも上々のパウダー。標高差200m下り、オカバミ沢南尾根に登り返す。

 14:00オカバミ沢南尾根標高1360m。ここから長大なオカバミ沢を下降する。



 期待どおりメローだが展望の良い尾根が続く。標高950mから尾根が狭くなり、800mからは重雪に苦しむ。この程度は良かったが、本高地沢との合流点では雪切れして登り返したり、林道合流の直前では雪のない急斜面を下らされたりした。確かに「登るには問題ない」状況であったかもしれない・・・。林道に出てホッとして、二分に16:00着。充実した一日だった。
(橋本健一)



23:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

会員のブログ


hasi