山行記録

甲信越
12345
2017/07/13

【無雪期PH】 塩見岳、蝙蝠岳

Tweet ThisSend to Facebook | by jin
鳥倉林道から塩見岳、蝙蝠岳往復
 
   

山 域: 南アルプス 塩見岳、蝙蝠岳

日 程: 2017年710日(月)ー12日(水)

参加者: CL高橋(仁),相澤


1
日目:710(月)晴/曇り

熊谷2:00→鳥倉林道ゲート駐車場6:40/7:00→鳥倉杜登山口7:40→三伏峠10:30→本谷山頂上11:50/12:25→塩見小屋14:15

 

 日々目まぐるしく変わる天候に、やきもきしていたが、天候が上向くとの予報で決行。熊谷を未明の2時に出発。鳥倉林道を走行しているとゲートがかかり車両進入禁止となる。その近くの駐車場に車を止め、林道を歩く。林道は舗装されているが、かなりの落石が散乱している。一時間足らずで大きな広場に到着すると、雲に隠れていた太陽が顔をだす。まずは安堵、この天候が続いてくれればと祈りながら、登山口に向かう。登山道の周辺一帯はシダに覆われカラマツ林であるが、なんとなく鬱蒼とした感じ。鳥がかしましく囀っている。その声を聞きながら、やや急登な道を進む。道は次第に荒れ、岩がむきだした道となる。この不安定な大気の状態にもかかわらず、ここ最近、雨が降らなかったのか、幸いにも道は乾燥しており靴が岩にかかり歩きやすい。やがて丸太で作られた梯子のような橋が現れる。連続して道にかかっている。どれも今にも壊れそうなので慎重に渡る。途中に水場があり、この清水で喉を潤す。
 まもなく三伏峠に到着する。この峠は日本で一番高いと言われる峠であるとのこと。ここで一服し、三伏山へ向かう。この頂上は、360度展望が開け中央アルプスの山々が望める。この山を越えると登山道の傍ら一面に黄色の菫が咲き誇り、今、春を迎えているといった様子。他にも白や黄色の花をつけた山野草が陽を浴び嬉々と咲いていた。こんな様子を楽しみながら進むと本谷山へ到着する。山頂はハイマツに囲まれ、前方にどっしりと構えた塩見岳を望む。ここで昼食をとり、本谷山を越えるとコメヅカとダケカンバの樹林帯に入る。この二つの木がせめぎあって生え、あちこちに枯れ木が目立つ。縞枯れ現象のような感じである。この樹林帯を通りぬけるとハイマツ帯の道となり、塩見小屋に到着。背後に天狗岩その奥に塩見岳が聳えたっている。(相澤)
     

 

2日目:7月11日(火)晴れ 

塩見小屋5:30→塩見岳6:30/6:55→北俣岳分岐7:15?2768ピーク8:15/8:30→蝙蝠岳9:50/10:30→塩見岳13:25→塩見小屋14:30

 

4時半起床、5時食事、6時出発。今日も天気は良い。今日は塩見岳とその先の蝙蝠岳を往復する。ハイマツの尾根から天狗岩を巻いてガレた岩場を登りきると塩見岳西峰に到着し、正面に富士山が現われた。振り返れば西から、空木岳と木曽駒、その奥に御岳山、左に乗鞍岳、穂高連峰、槍ヶ岳が望める。北には仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳。そして富士山の南に白峰南陵の笊が岳の双耳峰が、そして圧巻は大きくどっしりと悪沢岳(荒川東岳)、中岳、前岳が連なり、さらに三伏峠への稜線が延びている。まさに360度の大パノラマ展望台だ。素晴らしい眺望をいつまでも楽しんでいたいが、まだ先がある。
 東峰から仙塩尾根を分けて、北俣岳やいくつものピークのある長い尾根が、緩くカーブしてその先に蝙蝠岳がある。左の富士山と並んで、緩やかでピラミダルな山容の蝙蝠岳は大きく見事だ。
痩せ尾根や、だらっと広がった尾根をアップダウンを繰り返して進む。キバナシャクナゲ(ゴシキシャクナゲ)やイチゲ、キンポウゲ、キンバイ、イワカガミ、ミツバオウレン、イワベンケイなどが楽しい。前に荒川三山、後ろに塩見岳を眺めながら進み、ハイマツに覆われた道を上り詰めて蝙蝠岳山頂に到着。
  誰もいない山頂を占領して、荒川三山の抜群の眺望を楽しんで、帰ることにする。塩見岳に戻ったころにガスが出てきた。「塩見岳で百名山達成した」という人が山頂に一人、小屋までの間に三人とすれ違った。今朝、鳥倉登山口から来たようだが、あの素晴らしい眺望が見られないとは気の毒なことだ。塩見小屋に戻り「百名山98座登頂祝い」のお酒を頂く。結構長く感じた一日だった。(高橋仁)

   
 
 

3日目:712日(水)曇り/晴 

塩見小屋5:30→本谷山頂上7:00→三伏峠8:20→鳥倉登山口10:30→鳥倉林道ゲート駐車場11:10

 

朝、目覚めると雨は止んでおり、木々も濡れておらず、昨夜はあまり降らなかったのではないか。今日は天候が崩れる覚悟で出発する。午後から崩れる予報なので予定の12時までには下山したい。昨日の登山でかなり体を消耗したので体調に少し不安を持っていたが小屋からの道はなだらかな道で歩きやすく、快調なテンポで降りる。徐々に空が明るくなり薄日が差さす天気模様となる。このまま天気は持つのではないかと心も軽くなる。甲斐駒ケ岳は左に見ながら下り、本谷山頂を目指し登り返す。汗が滲み出るが、爽やかな風が吹き抜け心地良い。
  
 本谷山を越え、三伏山を通過、ここ周辺は展望が開けるが眺望は霞んで悪い。中央アルプスは雲がかかり山容は見えない。三伏峠で小休止、ここから道が悪くなり勾配が急になる。徐々に足に疲れを感じ、つま先が痛くなる。水場に到着する。多く飲んだつもりはなかったが、すでに500mlペットの水をあけていた。この容器に水を補給。
 下るにつれ足が重くなる。天候はどんどん良くなり、陽射しが強くなる。もう雨の降る気配はない。やがて丸太作りの梯子が連続してかかる道となる。この梯子をバランスとりながら下りるが、足の疲れも追い打ちをかけ,フラフラしながら渡る。枯れ木の樹林帯を通過するころは陽の光が燦々と射し込んでくる。下界はかなり暑いのではないか。カラマツ林に入ると春ゼミであろうか、蝉の鳴き声が響く。木々の隙間からアスファルトの道が見えてきた。林道はもう間近だ。
 登山口を出ると陽が強烈に顔を射し痛い感じ。林道はアスファルトなので陽の跳ね返りがあり、重い足取りとなる。駐車場が対岸に見えてくるが、まだまだ道のりはある。やっとの思いで到着。帰り途中で大鹿村の温泉に浸り疲れを癒し、家路へ。お疲れ様でした。今回の登山は天候に恵まれたことに感謝・感謝。(相澤)

 



15:52 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/06/24

【ハイキング】浅草岳花山行

Tweet ThisSend to Facebook | by komazaki

   浅草岳花山行

山域山名:浅草岳1585.5m(新潟県)

期日:2017624

参加者:新井浩 駒崎

 アルバム

行動記録:六十里登山口5:40→南岳7:50→鬼ヶ面8:35→浅草岳10:55/12:05→六十里登山口15:25

<天候:晴れ>ヒメサユリが多いと言われている六十里登山口から往復して来ました。

520分に駐車場に着く。25台位停まっていて、少し空きがある程度。登山口は来た道を少し戻り、登山ポストがあるところから入る。直にチゴユリ、タニウツギの花々。30分登ると送電線のある開けた草地に出る。その先のアンテナ中継板で一休みする。ここからは越後三山が見える。この後進むとユキザサ、ホウチャクソウ、マイズルソウ、ツバメオモトの群落、サンカヨウと登山道は花だらけ、さらに登ると潅木帯になり、尾根上に出る。
 

視界が開け雪渓の下に田子倉湖が見える。雪解けが遅かったところには、イワウチワ、ショウジョウバカマ、カタクリも咲いている。南岳は直で、山頂からは鬼ヶ面からの縦走路、浅草岳が目の前に見える。

ここを下るとヒメサユリが現れてくる。つぼみが多いがピンクのユリは、かわいくてきれい。花が無くなり、また現れてくる。このやせ尾根を進むと、鬼ヶ面山、北岳は巻いて小ピークを越えると、ムジナ沢カッチというピークに着く、この先はヒメサユリロードになる。このルートで一番多く咲いている場所のようだ。
 

ここまで来ると山頂は近く、前岳を越えると大きな雪渓が現れ、分岐点になる。他の登山道からの登山者で賑やかだ。雪がなくなると木道になり、ワタスゲが一面に咲く湿原になる。木道が終わり、少し登ると山頂に着く。戻ってワタスゲの中の休憩スペースで大休止する。往路を途中コシアブラの芽を摘んで帰る。

花はユリだけでなくとても多く、花の山を楽しむことが出来ました。暑くて水分不足だったことは反省でした。
 

他に出会った花 ツクバネソウ、エンレイソウ、イワカガミ、イワナシ、ミツバオウレン、ウラジロヨウラク、ゴゼンタチバナ、アカモノ、サラサドウダン、オオカメノキ、コブシ、ウスユキソウ、キスミレ、オノエラン、コケイランなど  (駒崎記)


23:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/17

【個人山行ハイキング】 八ヶ岳

Tweet ThisSend to Facebook | by rugger

八ヶ岳 本沢温泉から天狗岳・硫黄岳 

 ヤマレコ


山域山名:八ヶ岳

期日:2017617日(土)

参加者:菅谷、会員外2

行動記録:617日<晴れ時々曇り>本沢温泉入口駐車場637→ゲート前710→富士見平722→本沢温泉802/8813→白砂新道入口908/914→東天狗岳931/936→西天狗岳944/952→東天狗岳1001/1015→根石岳1033/1037→夏沢峠1109/1140→硫黄岳1220/1248→夏沢峠1322/1326→本沢温泉野天風呂1350/1417→本沢温泉1426/1511→本沢温泉入口駐車場1628 

「本沢温泉雲上の湯」一度は行ってみたいとずっと気になっていた八ヶ岳秘湯の野天風呂。硫黄岳を源頭とする湯川に湧く温泉。周囲に遮るものは何もなく、木枠の湯船と着替えの足場にしている板(風呂蓋にも利用しているらしい)が5枚ほど敷いてあるだけ。まさにワイルド。先客や後続がある場合、入替のタイミングが微妙なので神経質な方には難しいかもしれない。水着を着て入浴される女性もいるようだが、我々男子は気にせずスッポンポン。もちろん景色だけでなく泉質も本格的。白濁した硫黄泉で自分好みだ。ただし車では直接行けないので自分で歩いて行くしかない。天狗と硫黄をくるっと周回して下山後に入浴するのに丁度良い。そんな訳で、今回の山行は初夏の八ヶ岳ハイキングと野天風呂入浴が目的のご機嫌のんびり山行。 

 
 本沢温泉入口に駐車し、しばらく林道歩き。4WD車のみゲート前まで進入可のサインがあったが、車種と路面コンディションさえ悪くなければある程度行けそうな感じ。八ヶ岳西面の美濃戸までの林道に似ている。本沢温泉で下山時に入浴する旨を伝え、一人600円支払う。ようやく登山道らしくなった白砂新道で稜線に上がる。

 急登だが一時間ほどで素晴らしい景色を楽しむことが出来た。先ずは東天狗岳。そしてすぐ隣の西天狗岳へ。西天狗岳が所謂八ヶ岳天狗岳らしい。八ヶ岳の魅力は山同士が近いので、素晴らしい景色を楽しみながらの縦走がし易いところ。好天のチャンスを逃さぬよう我々も夏沢峠を経由して硫黄岳へと向かう。根石小屋から夏沢峠までは樹林帯を下る。残雪がわずかにあるが全く問題ない。峠から硫黄岳までは再び視界が広がり気持ちが良い。眼前の頂上までは近くて遠いが足元は割と歩きやすい。平らで広い頂上でしばらく休んでから、元来た夏沢峠を経由して樹林帯の登山道を本沢温泉へと下る。

 そして念願の雲上の湯で汗を流し、湯上りに生ビールで乾杯。笑い話に盛り上がりながらほろ酔い気分で登山口まで林道を歩いた。

(菅谷記)
06:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/08

【ハイキング】十文字峠

Tweet ThisSend to Facebook | by jin
十文字峠シャクナゲ山行
    



山域:長野・埼玉県境:十文字峠(1970m)

期日:2017年0607日(水)

行程:川本道の駅600=花園IC=佐久南IC=川上村=毛木平P845/9:00→十文字峠1120/12:20→カモシカ展望台12:32→乙女の森12:55→十文字峠13:20/1330→駐車場1525=川本18:30

参加者(6人)高橋仁、瀧澤健次、他4人


 梅雨入り直前の十文字峠に、シャクナゲを見に行こう。ビニールシートがまぶしい広大なレタス畑の中を走り、川上村の毛木平駐車場に到着。44年前には、ここから十文字峠、甲武信岳、金峰山、瑞牆山と縦走した。が、今回は十文字峠を往復するだけのシャクナゲ山行だ。

 千曲川源流コースを右に分け、木橋を渡り、五里観音を過ぎると八丁坂の登りが始まる。カラマツ林、トリカブトとハシリドコロの群生から、シロバナヘビイチゴ、コミヤマカタバミの白い花へと変わり、十文字山の西尾根に乗り、さらに登ると急登は終わり、緩やかな巻き道から十文字峠に着いた。
 満開のシャクナゲの先に十文字小屋が見える。太田ハイキングクラブの6人や、甲武信岳周回の人、秩父側の川又からの人などで賑わっている。小屋の周りのシャクナゲはピークを少し過ぎたかな?という感じだが、乙女の森はちょうど満開らしい。昼食の後にじっくりと見に行こう。

 先にカモシカ展望台に向かう。埼玉県の最高峰・三宝山が左に見える。甲武信岳はその影で見えないが、正面の五郎山から山並みが奥秩父主稜線へと続いている。奥にはかすかに南八ヶ岳。右手前には天狗山、男山が大きい。


 
 展望を楽しんだら、本命の乙女の森のシャクナゲを楽しもう。コメツガの森を抜けるとぽっかりと広がるアヅマシャクナゲの群生地。管理人さんが作ってくれた「お台場」が二か所あって、ここに登れば大きく伸びた枝先に咲いたシャクナゲの花を、上から眺めることができる。6人が代わる代わりに登って歓声を上げては、写真を撮る。今回は、三年前の屋久島以来のきれいなシャクナゲを見ることができた。十分楽しんだら、雨の降らないうちにと、下山開始。コミヤマカタバミの可愛い花を見ながら毛木平に下る。
(高橋仁)

14:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/22

【積雪PH】北アルプス 燕岳

Tweet ThisSend to Facebook | by hasimotoyosihiko
北アルプス 燕岳





山域山名:北アルプス・燕岳

期日:2017520日・21

参加者:CL 石川SL 高橋仁 橋本義 木村 浅子 三島

行動記録:5/20 熊谷駅南口5:30=(上信越道)=中房温泉P9:40/1000?合戦小屋1230/1310 ?燕山荘1440(泊) 

2/21燕山荘6:00?燕岳?7:30燕山荘?中房温泉P1040=(上信越道)=熊谷駅1700

5/20日<天気晴れ>渋滞もなく、安曇野ICから一般道に下り、コンビニに寄ってから西方の中房川の谷に入る。天気は快晴で太陽の光に緑が眩しい。山ツツジが赤く道路傍に咲いていてこれも綺麗だ。山道を左右にカーブを曲がりながらぐんぐんと標高を上げる。駐車場は混んでいて、帰る車の空いた所にとめられた。直ぐに準備をして登り始める。合戦尾根は北アルプス三大急登と言われている。他は烏帽子岳のブナ立尾根、笠ケ岳の笠新道。始めから急登である。常緑樹などの日影で幾分は涼しい。それでも汗をかく。登山者は土日でちらほら行きかう。1500m前後はやっと木々の芽吹きが始まった位。オオカメノキの白い花が目立つ。第一ベンチ、第二ベンチと過ぎる。2000m付近に差しかかると残雪が道に現れる。連続して現れたのでアイゼンを装着する。コメツガなどの大木の森を歩き、合戦小屋に着く。昼時でベンチは混んでいる。昼食休憩にする。この付近までくると南北の山々を望める。残雪が稜線にたくさん残り、新緑の平地から、残雪の春山にきたことを実感する。山々を望みながら空腹になったお腹を満たす。その後は残雪が沢山残る尾根歩きとなった。木々も低くなり、西南の稜線は大天井岳、常念岳に続く尾根で雪が多い。アイゼンの歯がよく効き滑ることはない。なおも標高を上げる。残雪に樺などが影をつくり、これも良い。また、燕岳は花崗岩の山でその岩塊を見ることもできるようになった。

強い日光、急登、アイゼン歩行などで汗をかきかき登り、燕山荘手前でアイゼンを脱ぎ一登りで山荘に到着した。山荘前からは燕岳を全部見ることができる。花崗岩、残雪、後方の後立山連峰、爺ケ岳、鹿島槍などが望める。西には野口五郎岳、水晶岳、三俣蓮華岳などが、さらにその南には槍ヶ岳、大天井岳などが望める。本当に天気が良く、残雪期の山々を十分に味わうことができた。時間に余裕があり、燕岳まで往復する。稜線はきつくなく、ほとんど残雪も消えている。ただ、コマクサ等の植物は芽をだしてもいない。花崗岩の白い斜面に一面のコマクサが咲く景色は想像するのみだ。この稜線の花崗岩は粒子が粗く、大きな丸っこい形になっている。その風化の技でイルカの形ができたり、めがねの岩ができたりと楽しめる。頂上に立ち、360度の景色を楽しむ。十分に景色を楽しんだ後、山荘に帰る。チーズハンバーグの夕食をとり、山小屋としては混んでもおらず、落ち着いて、眠りについた。

 5/21日<天気:晴れ>今日も晴れなので朝の景色を楽しみに燕岳を往復する。午後の景色と違い、朝の光が低い位置から射すので陰影が大きい。快晴、無風で昨日に引き続き北アルプスの残雪の山を楽しむ。山荘に戻り、下りてすぐの所でアイゼンを装着し下山する。残雪に登山道は埋まっているが、赤布の標識が立てられており、迷うことはない。合戦小屋で一休みし、さらに標高を下げ、アイゼンを外して下り続ける。沢の音が聞こえ、小屋の屋根が見え無事に登山口に着いた。温泉で汗を流し、昼食をとり、明るい内に熊谷に着くことができた。

 (橋本義記)


13:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345