日誌

南東北会津・山スキー >> 記事詳細

2017/03/06

【山スキー】大白森山

Tweet ThisSend to Facebook | by kimutetu

県連山スキーネット 大白森山

山域山名:那須山系・大白森山、鎌房山(福島県)

期日:201735日(日)

参加者:CL宮田 SL栗原昌 橋本義、駒崎、新井浩、花森、福田、栗原聡、木村

行動記録:羽鳥湖スキー場TOP1270m(9:10)→鎌房山1510m(9:50/10:00)1498mピーク(10:45)→大白森山1642m(11:15/11:50)⇒北東面滑降1380m(12:45)→鎌房山(13:30/13:50)⇒スキー場(14:10)

 
アルバム

<天候:晴れ>201735()、埼玉労山山スキーネット山行が那須山系の大白森山で行われました。山スキー的にはあまりなじみのない山だったためか、熊谷トレッキング同人より9名の他は、他会からの参加はありませんでした。

 スキー場TOPへはクワッドリフト1本で到着。シールを着けて早速登り始めます。鎌房山へは緩やかに高度を上げていきます。他に入山者はいないだろうと思っていたら、二人組の先行パーティがいました。地図上の林道の部分は切り開かれているのでルートは明瞭、林道終点から少しの登りで鎌房山に到着です。山頂からは間近で一際立派な旭岳をはじめ、那須連峰のすばらしい景色が楽しめました。
  

 鎌房山からは稜線を少し進んだ後、1498mピークとの鞍部に向けて一旦下ります。アップダウンがいくつか続くので、大白森山山頂までシールは着けたまま行動しました。鞍部から1498mに登り返し、大白森山との鞍部を過ぎると、山頂まで標高差150mの急登となり、これをがんばると山頂に到着しました。大白森山山頂は360°の絶景です。那須連峰に加え、北方には隣の小白森山、その向こうに二岐山、小野岳と連なって見えます。景色を堪能しながら昼食休憩を取りました。
  

 滑降は、東の肩まで戻って北東斜面を滑りました。朝方は表面が硬くイヤな感じだった雪面も暖かな陽気で適度に緩み、快適な滑降を楽しめました。山頂直下の開けた斜面を楽しんだ後は、1498mピークから北東に延びる尾根をうまく巻いていけるよう地形を読んでコース取りをしていきます。巻いた先の沢底でシールを再度着けて鎌房山に登り返し、後は往路を滑降してスキー場まで戻りました。
  

 今回のコースは、滑降距離こそ短いものの地形が複雑で地図読みの技量が試されると思います。また、山頂からの展望も一級品です。“山スキー登山”として面白いコースでした。(木村記)


22:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

会員のブログ


hasi