山行記録

関東 >> 記事詳細

2017/04/02

【ハイキング】天覧山・多峯主山 鍋ハイク

Tweet ThisSend to Facebook | by araiguma
天覧山・多峯主山 鍋ハイク
山 域 天覧山195m、多峯主山271m(埼玉県飯能市)
日 程 2017年4月2日(日)
参加者 L新井浩、八木、栗原幸、逸見、並木、新井勇、軽石、豊島


4/2
(日) 熊谷7:30=飯能市民会館P9:00/9:15→天覧山9:40/9:45→多峯主山10:40/12:20→飯能市民会館P13:10=小川道の駅14:30/15:40=熊谷16:15
<天候:晴れ>

飯能市民会館まえの中央公園は桜祭りの準備中だが、桜の花はポツリポツリ。気温が低い日が続き、開花が遅れて、桜祭りに間に合わなかったようだ。出店の準備している横を通り能仁寺の脇の坂道を登る。かなりの急坂です。脇にはオレンジ色の山ツツジがちらほら咲いています。すぐに中段と呼ばれる広場にでました。ここにはトイレと案内板があります。そこから少し進むと羅漢像がある岩場を通り、すぐに天覧山の山頂であっけなく到着。展望台になっており、飯能の街並みが見下ろせます。記念撮影後に直ぐに多峯主山(とうのす)へ向います。
 

八木さんの案内で、一番なだらかな尾根コースを先導頂き、天覧山から一時間ほどで最後の石段を登ると多峯主山の山頂に到着です。まだ時間が早いので、人はまばらでしたが、昼時にはすごい人出となりました。山頂標識裏の眺めのいい所を確保し、直ぐに鍋の準備に取りかかりました。実は栗原幸さんにおんぶにだっこの状態で、けんちん汁を下ごしらえして持ってきていただき、ほとんど温めて、うどんを入れるだけ。もうひとつはおしるこ。これも同様で、白玉を練って玉にして入れただけ。30分もしないうちに食べ始めていました。どちらも大変おいしく、おかわりも何杯もしてしまいました。腹が満たされると、秩父方面の山座同定。武甲山は解りましたが、他がなかなか解らずに喧々諤々。充分休憩を取り、手早く片付けをして下山準備。このころには山頂はすごい賑わいです。全員で記念撮影をして、雨乞池を経由し見返り坂の長い階段を降りて、無事駐車場に着きました。
 

ここで八木さんとはお別れです。材料代、車代の清算をするために、小川の道の駅に寄ることにしました。これが正解でした。着いてみるとカタクリの看板があり見ごろらしいので、カタクリ見物となりました。ちょうど満開の見ごろで、ここにこんなにあったんだとびっくりでした。一時間ほど見学をして帰路に着きました。

 鍋、おしるこを準備して下さった栗原幸さん、いろいろ手配連絡をしていただいた軽石さん、ありがとうございました。
(新井浩)


00:03 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)