山行記録

関東 >> 記事詳細

2017/06/28

【ハイキング】尾出山・高原山・三峰山

Tweet ThisSend to Facebook | by jin

足尾山地から関東平野に伸びる低山を巡る



山域:尾出山933m・高原山754m、三峰山605m (栃木県鹿沼市)

期日:2017年06月27()

行程:栃木市=寺沢林道出合7:50→尾出山920→高原山1045/1100→林道出合1140=御嶽山神社1220→奥の院1310→三峰山1420→神社1525=星野遺跡1540=出流山満願寺1625

参加者: 高橋 仁 (単独行) 


 どんより空とじっとり空気の中、足尾山地の低山を巡る。寺沢林道から尾出山、高原山を周回した。展望ゼロ、静かなだけの山行だ。尾出山(おでやま)には「勝道上人」が修行をしたという碑がある。勝道上人は近くの出流山(いずるさん)満願寺を開山した後、日光中禅寺を興し日光修験道を開山したと言われる。男体山から足尾山地は山岳修行が広く行われた山域で、様々な遺跡が残っている。

 
 
 県道を星野まで戻り、御岳神社から石段の参道を登り奥の院に。ここからアップダウンの尾根伝いに三峰山に向かう。御嶽山信仰の山々で、全体を総称して三峰山とも言う。南側は採掘工事で立入禁止ロープが張り巡らされて、重機の音が賑やかだった。山頂の南も切崩されて、武甲山を思い出してしまう。足場の悪い下りを洞窟や鍾乳洞に祭られた祠を巡って下山する。やはり展望ゼロだがこの時期に、この天気では快適な山行は望みようがない。誰にも会わず歴史を感じさせる山々を巡り、トレーニングにはなった。

 すぐ近くの星野(石器・縄文の)遺跡で、竪穴住居・石器などを見てから、出流山満願寺に立ち寄る。三峰山の南から出流山に向かう道路は石灰岩の採掘工場が立ち並び、武甲山の表参道に入る道路よりひどい。周りの山々が削られ荒々しい山肌を見せている。このあたりの地質も秩父帯(古成層)で、石灰岩の山と鍾乳洞、節分草の自生地もあるそうだ。(高橋仁記)


17:22 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)