山行記録

中国・四国
2016/10/17

【無雪PH】大山

Tweet ThisSend to Facebook | by admin

大山

山域山:大山(鳥取県)
期日:2016年10月15日(土)、16日(日)
参加者:L浅古、石川

行動記録: 
10月15日(土)
 山陰地方の名山・大山への遠征。鳥取県内を観光した後、大山の麓の宿に入る。日没前に登山道の確認と大山寺を参詣する。夕食時、宿の主人から登山に際してのアドバイスとルートの概略説明あり。

10月16日(日)
 宿(弥山荘)5:50?6:01夏山登山口?6:10阿弥陀堂?7:16六合目避難小屋?8:10八合目?8:23/8:45弥山山頂?8:47山頂避難小屋?9:05石室?9:40六合目?(行者コース)?10:22大堰堤?10:41大神山神社?11:03宿

 5時起床。弁当にしてもらった朝食を部屋で食べ、身支度を整えて出発。まだ薄暗いのでヘッドランプを装着。夏山登山道を経由して山頂を目指す。阿弥陀堂に立ち寄り、登山の安全を祈念。樹林の中、整備された登山道を歩く。随所に、標高の表示や一合目、二合目などの表示がある。登山道の整備が行き届いているのは、それだけ登山者が多い証拠なのだろう。

 10月中旬とはいえ、歩いていると意外と汗をかく。樹林が疎になってくると、弓ヶ浜や米子市内を眼下に眺めることができる。また、海岸線から麓までの景色を一望できる。標高を稼いでいるのがわかりやすい。

 六合目に着くと、大山の山容が見渡せる。伯耆富士の別名があるが、こちら側からは富士山のようには見えない。富士山っぽく見えるのは、米子市内の方から見上げたときだ。
 着実に高度を上げ、山頂が近づくと、登山道の様相が一変。斜度も緩やかになり木道歩きとなる。ただ、樹林を抜けたので風が冷たく、寒くなったので上着を一枚着る。サクサクと歩みを進め、順調に山頂に到着。山頂一帯は開放的な広々とした地形。雲が多めだが、眺望はまずまず。四国の山も見えていたようだ。山の上から海が見えるのは、地理的に当たり前なのだが、見慣れない景色なので単純に嬉しい。十分に休息し、避難小屋の様子を見た後、下山を開始する。

 下りは石室経由。下山中は、多くの登山者とすれ違う。今日はモンベルのSEA TO SUMMITの開催日と重なっている。この先、多くの参加者が登ってくるのだろう。途中から夏山登山道から別れ、行者コースに入る。こちらのルートでは、ほとんど人に会わなかった。大堰堤まで下りてくると、視界が開け、大山の山容を眺められる。あいにくの曇り空だったのが悔やまれる。昨日だったら、快晴だったのに。順調に下り、大山寺(奥社)を経由して下山。豪円湯院の日帰り温泉に入り、境港の観光をしてから帰りました。(浅古記)


21:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/14

【無雪期PH】四国、北陸ひとり山旅

Tweet ThisSend to Facebook | by jin

近畿、四国、北陸 ひとり山旅 2016      高橋 仁

山  域:御在所岳(三重県)、剣山、三嶺(徳島県)、石鎚山(愛媛県)、荒島岳、能郷白山(福井県)、位山(岐阜県)

日  程:5月6日(金)-13日(金)

行動記録:車中泊で近畿、四国、北陸の七峰を巡った。雨のため、東赤石山、笹ヶ峰、伊予富士、武奈ヶ岳を中止、荒島岳、能郷白山、位山を追加して登った。

5月06() 晴、夜から雨

熊谷13:15=新東名道=伊勢湾岸道=東名阪道=御在所SA18:50(車中泊)

5月07()御在所岳  霧から晴

御在所SA5:20=四日市IC=一ノ谷山荘登山口P6:00/7:00→御在所岳山頂9:10/9:35→登山口(昼食)11:00/11:4012:30=鈴鹿スカイライン=名神高速=中国道=山陽道=神戸淡路鳴門道=高松道=徳島道=美馬IC=見ノ越登山口19:10(車中泊)

一ノ谷新道を登る人は誰もいない。アカヤシオ、シロヤシオ、イワカガミを見ながら山上レストラン到着。アスファルト道を歩いて一帯が公園になっている山頂へ。ガスで展望は無い。長者池、神社などを周回して戻り、岩場と変化のある中道コースを下る。霧が晴れてきて山頂近くがさっと見え隠れする。50人位の高校生が三々五々登ってくる。すれ違い待ちで少し時間を食ったしまった。

5月08() 剣山、三嶺 

登山口5:15→大剣神社6:20→剱山山頂6:45→次郎笈7:28/8:00→登山口9:00=かずら橋見学9:40/10:00=名頃新登山口10:20/10:45→三嶺山頂12:35/13:10→登山口14:35/15:00R109の駅にしいや(入浴)=伊予三島運動公園18:30(車中泊)

剱神社の石段を登り、大剱神社を経て山頂へ一番乗り。広々とした山頂は木道が敷かれ、アンテナ塔などが立ち、興ざめする。そのまま鞍部に下り次郎笈に登る。ここは笹原が広がり展望が良く剱山、三嶺、遠く石鎚山まで見通せる。しばしゆっくりと山を眺める。下山して車で三嶺に向かう。途中で祖谷の蔓(かずら)橋を見学する。蔓つるの吊り橋は、鋼ワイヤーに蔓つるを巻きつけてあって(安全対策?)興ざめする。

名頃駐車場から急騰をひたすら登り、森林限界を抜けて笹と岩の見通しの良い稜線を詰めれば三嶺山頂。眺望はまさに絶景である。剱山よりもこちらを百名山にしたいほどだ。次郎笈から縦走したなら、さぞ楽しいだろう。さて、明日は雨だ。東赤石山の登山口はやめて、どこへ行くにしても動きやすいように伊予三島の公園に車中泊をしよう。


5月09(月)四万十川ドライブ 雨から曇り

伊予三島運動公園8:20=高知道=四万十大正(昼食)11:25/12:25=新谷橋(沈降橋)12:35/12:45=よって西土佐13:10/13:20=虹の森公園まつの=よさこい峠=土小屋登山口17:20(車中泊)

四国で見ておきたい所は・・・四万十川だ!高知自動車道の終点から四万十川の中流域に沿って道の駅を巡り、JRポスターの沈降橋を歩いて、吉野川合流点あたりから心細い様な山道を越えて、よさこい峠から土小屋登山口に出て車中泊。明日は石鎚山に。

5月10(火)石鎚山 霧から雨

土小屋登山口6:00→二の鎖小屋7:22→山頂小屋7:56→天狗岳8:10→山頂小屋8:25→二の鎖小屋8:35→登山口9:50/10:00=よさこい峠=寒風山トンネルP11:30/12:15=いよ西条IC=松山道=瀬戸大橋=山陽道=中国道=名神道=琵琶湖大橋米プラザ18:20(車中泊)

午前中は雨が止むとの予報なので、厚くガスが垂れこめる中を、国民宿舎の前を抜けて尾根に出る。アカヤシオやムシカリが咲く尾根道から東稜を巻いて、落石注意の警告を横目に見て幾つかのルンゼを過ぎると二の鎖小屋に着く。休憩棟に昨日登って素泊りという女性二人がいた。

石鎚山の鎖は、太い棒の両端が輪になって繋がった鎖で、棒状の部分に寄進者の銘が打ってある。所々に三角のアブミがついている。乾いた岩ならアブミは不要だが、昨日の雨とガスで滑るので、アブミも使いながら、二の鎖、三の鎖と一気に登り、弥山の石鎚神社に到着。展望は無く、天狗岳も見えない。とりあえず岩をつたって天狗岳山頂へ。ヘルメットと山頂プレートを並べた写真を撮って帰る。天狗岳の尖峰や、瓶ヶ森の稜線、遠く三嶺や剣山を望めないのが心残りだ。誰もいない土小屋に下山して、よさこい峠から瓶ヶ森林道を寒風山トンネルに向かう。途中に瓶ヶ森登山口や伊予ヶ岳登山口があるが、ガスが吹き付ける稜線に登るだけのモチベーションは無く、このまま瀬戸大橋を渡ることにしよう。明日は武奈ヶ岳に登ろうか?琵琶湖の道の駅で車中泊。

5月11(水)恐竜博物館 雨

米プラザ5:30=ガリバー青少年旅行村6:40/8:00=北陸道=福井=勝山恐竜博物館=勝原スキー場跡(荒島岳登山口)14:15(車中泊)

雨は昼前にやむという予報なので、武奈ヶ岳登山口のガリバー旅行村の駐車場で様子見。空が明るくなったり、ザッと降り出したりの繰り返し。あきらめて恐竜博物館に寄って、明日は荒島岳に登ろう・・。ところが、恐竜博物館はリニューアル休館中!!広大な敷地を車でぐるりと回って、荒島岳登山口へ。スキー跡の場駐車場で車中泊。雨は止まず風も出てきた。

5月12(木)荒島岳、能郷白山 晴

駐車場6:30→シャクナゲ平8:04→荒島岳山頂8:40/9:30→駐車場10:45=温見峠12:20→能郷白山山頂13:45/14:50→温見峠15:40=戻って=東海北陸道=道の駅ななもり18:30(車中泊)

雨も風も収まった。転んだら下まで転がるような、コンクリート急坂道を登り、石ゴロ道をゲレンデトップまで。シャクナゲ平にはその名の通り、シャクナゲが咲いている。ここからは一息で山頂だ。雲海の向こうには360度の絶景。加賀白山、北アルプス、御岳、遠くに中央アルプス、南アルプス、近くに能郷白山と心ゆくまで楽しんでいたら、能郷白山が手まねきをしている! 時間はある!急いで下山して温見峠に向かう。登山口は数台の車。荒島岳程多くないようだ。笹原の登山道をグングン登って、三角点のある山頂からは、荒島岳と同様の展望が広がる。違うのは、加賀白山の手前に荒島岳が存在感を主張するかのように山頂稜線を見せているのと、雲海がすっかり消えて空が晴れわたっていることだ。白山神社のあるピークのお花畑は、カタクリが最盛期で、コバイケイソウが群生している。明日は最終日、飛騨の位山に登って帰ろう。


5月13() 位山  晴

道の駅6:00→道の駅モンデウス飛騨位山7:00/7:20→ゲレンデトップ8:00→天の岩戸9:20/9:30→位山山頂10:10/10:25→ゲレンデトップ(昼食)11:30/12:10→登山口12:45=高山=阿房トンネル=松本IC=長野道=上信道=関越道本庄IC=熊谷19:30

道の駅モンデウスに移動。スキー場の北側をゲレンデトップまで登ると、すばらしい展望が待っていた。白煙を上げる御岳山から北アルプスが遮るものなく一望できる。普段見ている長野県側からの景色とは反対で、笠ヶ岳と黒部五郎岳が、白い山肌をぐっとせり出して、そのピラミダルな美しい姿をアピールしている。樹林の道をだらだら登り「天岩戸」から山頂の東を巻くと、御嶽山展望所と乗鞍岳展望所があり、ゲレンデトップより迫力のある眺めだ。山頂の北側には加賀白山の展望が開け、昨日に続いてその優美な姿を眺めることができた。最後の山は、ゆったりと時間をかけて歩き、下りでもゲレンデトップで飛騨側からの北アルプス、御岳山を心ゆくまで眺めてから、帰路に着いた。(高橋仁)


 

 

 

 

 

 

 


18:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)