関東

【無雪期ハイキング】釜伏山 2021/12/12

山域:釜伏山582m(埼玉県寄居町)

目的:総会記念ハイク 釜伏山とみかん狩り

期日:2021年12月12日(日)

行程:波久礼駅 8:25→風布館 9:30→釜伏山 11:45/12:00→塞神峠→風布みかん狩り 13:30/14:45 →波久礼駅 15:55

アルバム

参加者:13名+子供1名

CL新井浩 SL木村 大嶋 瀧澤 黒澤 高橋仁 高橋ちひろ(高橋さんのお孫さん) 豊島 石川 浅見 駒崎 花森 三島 名倉

 

総会記念ハイクということで参加者15名と入会間もない自分ではあるが、これまで参加した中では大人数の山行となった。人数が多くなればトラブルもありがちであり、電車に乗り遅れて1名遅くなると言うハプニングが発生。風布館駐車場まで6名が先行、波久礼駅に集合した残る5名は到着を待って合流することに。(3名は風布館で合流)

風もなく快晴に恵まれた波久礼駅を先発6名は予定通りの8時に出発した。歩き始めて10分、「風のみち歩道」の分岐があり、遊歩道をあることにした。この遊歩道は風布川に沿って作られた気持ちの良い道で、車道を歩くより風情があるがアップダウンもありその分時間もかかる。まあ、風布館で後発組を待つことになるであろうから時間を気にせずのんびり歩く。

風布館に全員集合し記念撮影の後、予定より50分程遅れて9時50分ころ出発。車道を10分ほど歩いた後この日初めての登山道に入る。登山道と言っても初めは林道であったが。40分程谷間を登ると稜線に出た。稜線は日当たりも良く暖かいので、皆上着を脱いで体温調整し、所々手を使いながらの急登を楽しみながら山頂を目指す。この稜線からの眺めは良い。浅間山、谷川連峰、男体山など、雲一つない快晴に恵まれ遠くの山もよく見える。また、ゴヨウツツジ(シロヤシオ)自生地との立て札もあり、季節には美しい花を咲かせるであろう姿を想像する。

山頂手前には今は通行禁止となっている日本水の水源地分岐が、今は保存会の手により反対斜面まで水道管により水くみ場が設置されている。山頂で10分程休憩し、少し歩きにくい斜面を少し下って車道にでた。この後は山道に入ることもなく、ひたすら車道だ。日本水の水くみ場では水筒に水を補給するつもりでいたが、4~5リットルのペットボトル10本以上も車に積み込んでもまだ足りないとばかりせっせと水を汲んでいるいる人が複数おり、気力負けしその場は通り過ぎた。みかん園に近づくと蝋梅があちらこちらに植えられている。釜伏山への稜線から黄色い木が見え、ミカンではないかと話していたが、正体は蝋梅の葉であった。よく見ると蕾が、いやもう咲いている花も。青空をバックに1枚撮らせて頂いた。

 

 

 

 

 

みかん園には13時半頃到着、ここで昼食とミカン狩りを15時まで楽しんだ。遅い昼食を先に食べる人、ミカン狩りを先にする人など、皆思い思いに行動する。自分は先に昼食をとったのでミカン狩りの際はお腹が一杯であったが、4個程度その場で食し、与えられた袋にこれ以上無理といえるほどミカンを詰め込んで満足した。風布のミカンは味が濃くておいしい。

 

 

 

 

 

帰りは遊歩道は使わず、波久礼駅まで約1時間ひたすら車道を歩き、16:08の秩父線にて帰路に着いた。

(名倉 記)

   

【ハイキング】大持山西尾根 2021/12/4

山  域 : 大持山1294.1m(埼玉県秩父市)

山行形態 : 無雪期ハイキング

日  程 : 2021年12月4日(土)

参 加 者 :L新井浩、駒崎

行動記録:

江南5:30→浦山大日堂BS7:05/7:30→西尾根→大持山10:25→小持山11:05→最初のピーク1150m昼休憩11:25/12:35→オハナドッケ13:05→ウワゴウノタワ14:05→浦山大日堂BS15:25

<天候:晴れ>

以前、蕎麦粒山に行くときに、同じところに車を停めた人が、大持山を西尾根から登ると話していたので、調べてトライしました。大日堂BSの駐車場には一番乗り。出発準備をしていると群馬ナンバーの人が来た。蕎麦粒山へ行くとのこと。集落のあいだから東電の黄色いポールを目印に登り始める。すぐに崩落防止の工事の柵に阻まれ迂回する。

 

落ち葉の積もった斜面は急登だ。東電の巡視路になっているので、薄いが踏み跡があり問題なく、尾根を忠実に登る。杉の植林地には朝陽が斜めから差し込んで明るい。やがて雑木の林となり葉が落ちて明るく、気持ちのいい尾根が続く。落ち葉が厚く積もった中を進むと、獣道が目立ち、物色した跡があちこちに見受けられる。やがて青空が視界に入ると尾根に上がる。すぐに大持山の山頂で誰もいない。展望がないのが残念だ。

 

大持山~小持山の間は割と岩場が多く楽しい道だ。単独の人とすれ違う回数が増えた。この大持山から小持山の間で10人以上とすれ違う。武甲山を絡めての周回コースは人気だ。振り返ってみる大持山は尖がっており、険しい山の様相に見える。途中の展望地は先客がいたので通過する。小持山では、武甲山の後ろ姿が良く見える。秩父市側からみる無残な姿からは想像もつかない、普通の山に見える。

 

小持山を通過し、少し武甲山方向に降りたところにある標識を武士平方面に向かう。この道がタカワラビ尾根だ。急な尾根を下る。途中展望地があり昼休憩する。ここからの小持山も尖って見える。この辺りは急峻な地形で、尾根が切れ落ちているところが多い。この尾根の肩、オハナドッケで南方向へ進路を変えタワ尾根に乗る。武士平集落への道だ。破線ルートであるが、急降下の尾根は道がわかり難く、ピンクテープを追いかけながら下る。木々の間から民家の屋根が見えて来て、犬が盛んに吠えている。武士平集落だ。数件の民家があるが、生活感のある家は1件だけ。

 

舗装道をテクテク歩き、浦山ダムの通りに出て1時間ほどで車を停めた大日堂に着いた。大持山~小持山の間以外は誰にも会わずに、静かな山行が出来ました。

(新井浩 記)

 

【ハイキング】大山(丹沢)2021/11/27

山  域 : 大山1248m(神奈川県伊勢原市)

山行形態 : 無雪期ハイキング

日  程 : 2021年11月27日(土)

参 加 者 :新井浩、駒崎

行動記録:

東松山5:00→ふれあいの森日向キャンプ場P102km7:14/7:39→鍵掛778m8:49→矢草ノ頭893m9:20→唐沢峠9:43→石尊沢10:09→裸地11:54/13:00→大山1248m13:34→不動尻分岐→見晴台14:31→P15:27 9.7km 21,000歩

<天候:晴れ>

ふれあいの森の駐車場は、道沿いにあり、かなりの台数が置けそうだ。すでに20台くらいが並んでいる。運よく入り口近くの場所が開いていた。早速支度をして出発。今回は前半はバリエーションルート。楽しみだ。歩き始めて直ぐ林道の分岐を右に入る。物資運搬用のモノレールがある尾根の発生場所から取りつく。なかなかの急登だが、踏み跡があるので、歩きにくくはない。

 

単独の人に先に行ってもらう。まさかこのルートで人に合うとは。途中、海が見えるところがあり、江の島が見えた。街は藤沢や鎌倉か。鍵掛のピークを過ぎ、下って登ると矢草ノ頭。尾根を右に進むと唐沢峠。ここからロープの張られた谷へ向かう。踏み跡は薄く、途中かなり急斜面を降りたが、古い登山道がその下を走っていた。ちょっと時間ロス。石尊川に降り立ち、上流へ遡行する。

 

沢歩きは楽しい。水量は少ないので濡れることはない。小さな滝があるくらいで難所無し。上部の二股を真ん中の尾根に取りつく。ここも急斜面だが、木の根がありそんなに登り難くはない。馬酔木の木が多い。開けた裸地があり、昼休憩とする。すぐ上にアンテナ群が見え、声も聞こえる。遠くの尾根に人が通るのも見える。混んでいるんだろうなと思いながら、ポカポカのいい日でのんびりする。ここまであった人は3人で、静かな山行だ。

 

いよいよ大山山頂へ向う。30分ほどで、目の前に大きなアンテナの建物が出て来て、鹿対策であろうフェンス(網)で囲まれている。網の破れ目をくぐって、アンテナ建物に行くと人が凄い!通過して山頂を目指すが場所がわからずうろうろ。富士山が見える場所があり、雲に囲まれているが良く見えた。神社の脇の山頂標柱を遠目に写真を撮る。それにしてもすごい人だ。高尾山以上のように感じる。

 

下山は一般道なので、スタスタ、混みあう中を降りる。途中見晴らし台というところも大勢の人が休んでいた。のんびりしていると日が暮れますよと言いたい。この先は静かになり、駐車地点へ到着。楽しい山行でした。圏央道が出来たので、丹沢周辺も非常に近い。

(新井浩 記)

 

【ハイキング】陣馬山、景信山 2021/11/23

山 域:陣馬山855m、景信山727.3m(東京都)

山行形態:無雪期一般日帰り登山

日  程:2021年11月23日(火)

参 加 者: 駒崎、新井浩

行動記録:

11/23(火)東松山5:00=和田峠P690m 6:25/7:00→陣馬山7:20→奈良子峠8:00→底沢峠721m 8:25→堂所山8:45→景信山9:50→小仏峠548m 10:25→城山10:45/11:35→千木良→底沢→子孫山ノ頭13:45→明王峠14:45→陣馬山15:30→和田峠P 16:10

<天候:晴れ>

今回は欲張りルートで、陣馬山から景信山、小仏峠、小仏城山。下って登って子孫山ノ頭で陣馬山へ戻る周遊ルート。

日の出前のまだ薄暗い時間に和田峠に着く。朝靄が残る駐車場はガラガラだ。駐車場代800円を箱に入れる。そこからきれいな木製階段を上り30分掛からずに陣馬山に到着。朝陽がまぶしい。大きな馬の前で記念写真。頭上はきれいに晴れているのだが、富士山の周りは雲が多く真っ白な頭が出ているだけだ。

 

縦走路を景信山に向けて歩き出す。落ち葉が敷き詰められた道は歩き易い。朝靄が幻想的だ。ちらほら行違う人が出てくる。もみじの落ち葉が敷き詰められた登山道はなかなか良い。堂所山は立派な標柱があった。ちょっと道を間違えて引き返す。景信山に着くとすごい人だ。眼下の街並みを眺めてすぐに小仏峠に向かう。縦走路は人が増えてきた。小仏峠のタヌキを写真に撮り、城山へ向かう。城山もすごい人だ。景信山山頂とよく似ている。端のテーブルに座り昼休憩する。

 

ここから一端相模湖へ降りる。初めての道だが、小石が落ち葉に隠れていて歩きにくい。途中相模湖が見えた。国道20号線を歩き、底沢というところで林道に入る。中央道の下を通り、集落のところで山道に入るが、急登で、意外に登りが長い。孫山標識がある山頂を通過し、明王峠へサクサク歩き進む。休憩小屋のある明王峠は今朝通過した場所で、モミジの紅葉した落ち葉がきれいだ。

 

やがて陣馬山に着く。山頂の馬に西日が当たっている。日中は混んでいたと思われる陣馬山も、朝と夕方には人はまばらだ。残念ながら富士山は雲の中で見えない。休憩をして和田峠へ下る。まだ登ってくる人が居り、夕日を見るためらしい。ガランとした駐車場に暗くなる前に着いた。今日は良く歩いた。20.6km、42,000歩。

(新井浩 記)

 

【縦走】雲取山

山域山名:奥秩父(雲取山2017.1m・七ッ石山1757.3m・子雲取山1937m白岩山1921.3m三ッ山1949.3m飛龍山2069.2m前飛龍1054m熊倉山1624m)

目  的:百名山山行-紅葉山行

期  日:2021年11月17(水)18(木) 

行  程:

11/17(8時間30分)

片倉橋(5:30)→子柚乗越(権現平)村営登山者駐車場(6:30)→堂所(7:55)→七ッ石山小屋(8:30/9:00)→七ッ石山(9:20)→雲取山荘避難小屋(10:50)→雲取山山頂(10:55)→雲取山荘(11:10)→大ダワ(11:55)→芋ノ木ドッケ(12:20)→白岩山(12:50)→芋ノ木ドッケ(13:10)→大ダワ(13:40)→雲取山荘(14:00) 

 11/18(9時間30分)

雲取山荘(6:00)→雲取山頂避難小屋(6:30/7:00)→三条ダルミ(7:30)→狼平(8:00)→北天のタル(9:10)→飛龍山(9:40)→前飛龍(10:30)→熊倉山(火打岩)(11:00)→サオラ峠(11:20)→御岳沢(12:40)→三条の湯(13:00/13:30)→林道終点(14:00)→塩沢橋(14:30)→片倉橋(15:30)

 11/16深谷市(11:00片倉橋14:00着)

自宅を11:00に出発し小川町、飯能を抜け奥多摩に向かう、奥多摩に着くと紅葉が美しく輝く、車を停められそうな所を見つけ3度ほど写真を撮る。とても美しい奥多摩湖の紅葉が美しい。片倉橋に向かうが入る所は小さな看板が出ているが見つけづらいので注意が必要。その先の道も道が悪く、四駆なら余裕だろうが、自分のワゴンでは車の下を擦りそうなので注意しながら進む、車も擦れ違えないような道。到着すると火曜日の14時だが車は5台止まっていた。駐車場は7台ほどしか止められないので注意が必要。車も置けそうなので温泉に行こうかと思ったが三条の湯も遠いし、他の温泉に行くのも道が悪すぎて行きたくないのでそのまま夜食の準備を始める。今日の夕食は、おでんを食べながらワインをたしなみながら就寝。

 

11/17(水)〈曇り時々晴れ〉

朝、片倉橋を5:30に出発する。子柚乗越までの道のりで親子猿に会い、猿に挨拶をし、子柚乗越に到着する。ここに登山届を提出し、トイレもあるのでトイレを済ませ、登頂開始、登り始めるとすぐに朝日が昇り始める。少し雲は、あるが綺麗な朝日だ。

登山道には、平将門の迷走ルートが、所々に掲示してありその看板を見ながら進んで行く、登山道は、紅葉が終わりかけだが、とても赤や黄色が美しい、七ッ石小屋までは山道は、緩やかな登りで危険な個所もなく登りやすい。杉の木の樹林帯を進んで行く。七ッ石小屋から七ッ石神社で鐘を鳴らす、よく響くきれいな音を奏でる。少し進むと七ッ石山頂に出る。ここからは、とても美しい稜線歩きになる。雲取もここから美しく見えるはずがガスで隠れてしまっている。ヘリポート、奥多摩小屋跡、子雲取山を過ぎ雲取山頂避難小屋が近くに見えてくる。雲取山頂避難小屋に到着するが周りは、ガスで何も見えない。山頂を後にし雲取山荘に11:10到着雲取山荘は、とても大きく200人も泊まれるらしい。テントを申し込もうと思ったが14:00からということで山荘を後にし、白岩山に向かう、大ダワまでは男坂を使う、苔もありとても美しい山道だしかしかなり事故が多いのか滑落や北面の為か凍結の看板が所々に設置してある。芋ノ木ドッケの手前で2頭の兄弟?鹿に会うが、鹿は、人に慣れているのか逃げる気配すらない。鹿に挨拶をして芋ノ木ドッケに出る。芋の木ドッケには、椅子もあり休憩できるようになっている。白岩山に到着するが展望はない。ここでも椅子があり休憩できるようになっている。奥秩父主脈縦走路となっているので整備は良く行きとどいている。帰りも兄弟鹿が同じ場所に居たのでお別れを告げて雲取山荘へ到着する。山荘で500円払いテントをはらさせてもらう。トイレも水もある。テント場は30張り出来るらしいが、本日は、2組だげ貸し切り状態。テントを張り夕飯の準備をする。今日は、ペンネでアラビアータ、野菜スープでワインと豪勢な夕飯、炊事中に霰が降って来てとても寒かったがとても美味しいご飯、夜食はテントの中で日本酒でサバの缶詰をいただく、大分酔いもまわったので今日は21:00就寝。 

11/18(土)〈晴れ時々曇り〉

4時30に起床しテントたたみ雲取山荘を6:00に出発する。3人ほど日の出を見に行くのだろう。一緒に登り始める。昨日、見なかった鎌仙人のレリーフを見に行く。頑固オヤジの山番さんだったらしい。最近は、そんな山番さんも農取を残すのみか?山頂に到着し、まわりの景色はガスで何も見えない・・・かと思ったその瞬間、雲の間から太陽が西を向くと富士も綺麗にみえる。

夜中は霰も終わり晴れて月も見えていたが、朝は、神秘的な霧氷になっていた。何十枚も写真を撮り、極寒の寒さだったので雲取山頂避難小屋で朝食をとり、7:00に出発。富士山も綺麗に見える。三条ダルミ、狼平からも富士は、美しく見える。カラマツ林だが霧氷でとても美しい。

三ッ山、北天のタルと過ぎるが北天のタルからからみる雲取山は、霧氷で山頂は、白くなっている。飛龍山には、近道という看板があり飛龍山は展望もないが飛龍権現近くの禿岩からは南方が良く見え、富士は、とても美しく見える。

前飛龍からは岩場になっているが鎖はない、鎖を設置した方が良いなと思うような岩場だ。ミサカ尾根を進むが紅葉終わりの葉っぱで山道は、良くわからないが進んで行く。紅葉の時期は、とても美しいのであろう。葉が落ちてしまった登山道だが展望は少ない。サヲウラ峠(山と高原地図ではサヲラ峠)から三条の湯に向かうがその道中も落ち葉で山道は、良くわからない。展望は、雲取山が良く見えきれいに見える。もう、霧氷は消えてしまっているが、歩いてきた山々を見渡す事が出来る。ここからの登山道も枯れ葉も多く、トラバース斜面もきつい斜めの道を進むことになるそして、細く良い道ではない。三条の湯までそのような道が続いて行く。

やっと三条の湯に着いてお風呂に入ろうとしたが看板に石鹸は、使用しないで下さいの表示が・・・体が洗えない、髭も剃れない。お風呂セット持ってきたのに・・・でも、気持ち良くお風呂につかり片倉橋を目指す。ここからは、後山川に沿って歩いて行くが紅葉も美しく時間を忘れ写真を撮りながら進んで行くが長い長い、やっと車が見えた時はとてもほっとしました。今回の山行は、奥多摩の紅葉にはじまり、思いがけない霧氷の景色、富士、南アルプスも美しい展望を見せてくれ、とても思い出深く楽しい山行になりました。

 

                                         谷口記